突き指の原因

かれこれ突き指をしてから5日目。
中央に青あざが広がる左手。

でも、出来ることが増えてきた。
右肩・腕を洗ったり、拭いたりがやりやすくなってきた。
しかしながら、布巾・雑巾は絞れない。
いちいち「絞ってぇ」とお願いしなくてはならない。
彼もいまいちうまく絞れないもんだから、「こーやって持って、こーやって・・・ギュッやで」とか絞り方の指導しちゃったりなんかして。

さてさて。
怪我をしてから「なんで突き指をするはめになったんだ?」と考えた。
ない頭で。

私「どうも捕球するときに、迎えにいってるんぢゃないかと思うんだが?普通のグローブでもキャッチボールのときに“バチーン”と音が出るんよね。それってグローブで捕る位置も悪いけど、やっぱり迎えにいってるんぢゃないかね?どうかね?」
旦那「そうやね。ひいて捕るんよ。こーやって」(ジェスチャーつき)
出来るから簡単に説明しはります。

私と言えば、結婚してから旦那の影響で始めたわけで。
グローブなんぞはめたこともなかったと思う。
確か、小学の中学年の頃に兄貴に「ファールって、線(ファールライン)を超えたらファールやん。スタンド(ファールラインを超えての意味で勿論ファールなんだけど;)に入ったらホームランなん?」と兄貴までが「??」なる質問をしたことがあるほど野球知らずだったのであーる。
つまり、私は初心者。基礎を教えてくれー!って感じです。

私の捕球は「どじょうすくい」の要領ですね。
正面にくる球は長女のソフトボールでのファーストの捕球みたいで、前に押出すように捕った後にグローブが前に出るわけ。
posted by ベースボールママ at 13:17 | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。